インプラントは専門医に任せた方がいい|快適な食生活を

歯と果物

制度を理解して申請

歯

歯列矯正は、きれいにするため、かみ合わせをよくするためなどの目的で行いますが、今のところは保険適用が効かない治療になっています。所得税の申告で確定申告を行えば、医療費控除を受けることが出来ます。少しは戻してもらえます。

もっと読む

地域に密着した診療を行う

歯医者

練馬区には地域に密着した歯科が多くあり、日中だけでなく夜遅くまで営業しているところもあります。そのため、仕事で日中通えない人でも、仕事が終えてから落ち着いて治療をすることができます。虫歯治療だけでなく、矯正歯科も行なっています。

もっと読む

メリットと比較する

女性

裏側矯正は、矯正のための器具が裏側にあります。ですから表からは矯正していることがわかりません。デメリットとしては、費用が通常よりも高くなるケースが多いことです。また、表に比べると汚れを認識しにくいこともあります。

もっと読む

本物同様の歯に

インプラント

顎の骨と一体化

歯は、歯茎から生えているように見えますが、実際には顎の骨に半分以上が埋まった状態になっています。歯で硬い物を力強く噛むことができるのは、歯が顎の骨とほとんど一体化しているからなのです。ところが虫歯や衝撃などにより、顎の骨に埋まっている部分がもろくなったり折れたりすることがあります。すると硬い物を噛みにくくなる上に、歯そのものが顎の骨から外れてしまいます。こういった状態を改善するために、専門医によっておこなわれている治療が、インプラントです。インプラント治療では、まずは顎の骨から歯を取り出し、その代わりに棒状の器具を埋め込みます。半年ほどで器具は顎の骨と一体化するので、その後そこに義歯を取り付けることで、治療は完了します。作り物の歯ですが、土台となっている器具が顎の骨とつながっているため、本物同様に使うことができます。

個々の状態に合わせて

インプラント治療では、歯茎を切開したり、顎の骨を削ったりします。そのため、歯の治療ではありますが、虫歯や歯周病の治療と異なり、一般歯科ではおこなわれていません。受けるためには、外科治療の専門医のいる歯科医院や、大学病院などの口腔外科を受診する必要があるのです。また、専門医にも実績の多い人と少ない人とがいます。個々の顎の骨は、形状も強度も異なっているので、インプラント治療は、それに合わせておこなうことが肝心とされています。たとえば顎の骨がもろい人の場合、強度を高めるために、人工骨粉などを多めに使用する必要があるのです。したがって、歯列などの問題でやや難しい症例となっている人の場合、個々の状態に臨機応変に対応できる熟練の専門医に診てもらうことが大事と言えます。