制度を理解して申請|インプラントは専門医に任せた方がいい|快適な食生活を

インプラントは専門医に任せた方がいい|快適な食生活を

レディ

制度を理解して申請

歯

美容目的は適用されない

口を閉じていれば普通なのに、口を開けるとイメージが大きく変わる人がいます。歯並びなどが影響しているのでしょう。あまり気にしない人もいるでしょうが、気にするなら治療を行うことで治すことが出来ます。歯列矯正は、いくつかの目的で治療が行われます。保険適用されるのは、先天的に歯並びに異常がある場合が挙げられます。それによって生活が著しく困難な場合、保険適用となります。では、歯並びが汚いから、かみ合わせが少し良くないぐらいで歯列矯正を受けても適用となるかです。通常は適用にならないので、すべて自費で行うことになります。ただ、相談は必要です。歯並びがあまりにもひどい場合には、生活が困難とされることもあります。歯科医院で見方が異なる場合もあります。

税金の申告を行う

病院での治療では、保険適用があれば3割負担で受けることが出来ます。10万円かかるところでも3万円程度になるのでかなり助かるでしょう。しかし、保険適用が受けられない治療もあります。歯列矯正は、基本的な治療は美容目的になるため、通常は自費診療となります。ですから、全額自己負担となります。ただ、通常の美容外科などとは異なり、一定の手続きでお金を戻してもらえる場合があります。それは、所得税の確定申告です。通常は年末調整で終えているかもしれませんが、2月から始まる確定申告で医療費控除の申請をします。歯列矯正は、医療費控除は対象になっていますから、一定額以上の医療費を払っているとき、税金の一部が戻されます。税金が多ければ、戻る金額も多くなります。